--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.07.20 *Fri

仕事いろいろ

しばらく更新してなかったですが、その間に仕事がいろいろ
重なって、大変でした。

1つは、住宅内装。
浦東にある、新築マンションの内装です。
広さは、約130米。
ご主人日本人、奥さん中国人。

プランを考えて、仕様をかんがえて、展開、家具図面全部
かいたが、まだ契約にいたらず。

しかし、あたりまえだけれどなにもかもがオーダーなので、
設備ひとつとっても、
水洗金具、浴槽、便器、シンク、ガスコンロ、空調、キッチンの
面材にいたるまで当然、ひとつひとつ選び、また、ひとつひとつどういった機能があるか、どこのメーカーか、説明し、それを選ぶ上でのリスクまで(中国製の場合)説明しなければならない。

もうひとつは、内装済みの家のすべての家具を
デザインする仕事。
東南アジアの、リゾート風にしたいらしい。

もうひとつは、オフィス。
会議室、打ち合わせコーナー、ロッカー、機器、社員のデスク、
受付などなど、必要なアイテムがたくさんあって、
それを、どうプランすれば、効率よく使い勝手が
いいかって考えるのも初めて。オフィスでは、
インテリアというより実用さを優先させて考えなければ
ならない。オフィスは初めてなので、勉強になります。

以前日本の設計事務所で働いていたときもすべてオーダーだったけれど、ある程度のテイストが好きでやってくるお客さんばかりだから、
使う材料だって、仕上がりイメージだって、あまりかけ離れて
はいないんだ。

でも、こっちは、インテリア要望は、ある人はモダン。ある人は和風、ある人は、中華、ある人は、東南アジア風。
色も、ナチュラルもあれば、モダンな深い色もあれば、
ビビッドなカラーも。お客さんの人種も違う。

そのお客様によって、ころころを材料やテイストを
変えていかなければならない。
用途も住宅だったりオフィスだったり、店舗だったり。

箱の寸法だって超いいかげん。変形もあるし、
壁の厚みや天井の高さも一律じゃないし、
部材の規格サイズもない。
水道管、ガス管、電気だって、新築でもかなりあやしいから
全部とりかえないといけない。

材料の知識も、施工の知識も、インテリアの知識も、
すごくたくさんの引き出しをもっていないと、
お客さんについていけない。

すごく勉強になるけれど、かなりオーバーヒート気味です。
また、ある仕事は全部中国語っていうのもつらい。
職場仲間がいってることもわからんし、お客さんの要望も
細かいところがわからん。

設計の仕事は、図面で表現できるから、まだましだけれど、
お客様にどうしてこれを考えたか、どうしてこのように
するのか、これから、どのような手順ですすめていくのか
全然説明できない。
つらいなぁ。専門用語も、覚えられないし、もともと日本語で
なんていうのかもわかってないし。。。

日本の仕事って、規格化されていて、楽だったなぁ。

まあ、日本の図面の細かさは、きついどね。
施工にあたっては必要だけどさ、
でも、お客さんにとって、細かい図面より、わかりやすい図面。
が一番と思うンよね。中国の不正確な図面はよくないけれど、
日本の不必要なくらいの細かさってのもどうかとおもうよね。









スポンサーサイト
COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/27(金) 20:35:51 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。