--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.06.08 *Fri

またまた職場へんこう

今日からブログにカウンターつけてみました。
みなさんみてくださいね。
コメントもどうぞ書いてくださいませ。

職場変えました。
びしばししごいてくれる職場で続けたかったし、実は少し
まだ未練もある。
しかし、子供の生活があれた。

中国人は、子供はおばあちゃんやお手伝いさんにみてもらって、
中学以降は、寮にいれられて、
母親は、フルタイムの仕事、出張など普通にしている。

でも、子供をそんな人たちにみてもらっていても、
正直無責任だから、「しつけ」はできない。
ここんとこのどとうの生活でも子供の乱れ方ときたら。。

でも、そんな中国人も、乱れている子もいれば、
乱れずまっとうに生きている子もいる。
本人たちに聞いても、「小さいころは母親が近くの職場で
働いていたから、なにかあったらきてくれたからよかった。
小学校高学年から寮にはいったけれど、ずっと親と離れてくらしていても、なんとも思わなかった。寮生活はたのしかったし、勉強
忙しかったから、遊ぶ暇なんてなかった。それに週末には
親に会えるからね。」と言っていた。

日本の学校は、寮があるところは少ないし、
基本的に勉強は少なく、ほとんど親が与える習い事や、補習などに
よる習得の方が大きい。と思う。
また、日本人は、子供とすごせる時間は短いから少しでも子供と
一緒に暮らしたい。子供は親がみるものだ。ということが
根付いている。
そういうわたしも中国の学校にいかせているけれど、寮生活は
考えたこと無い。
しかも、夫は不在、いても不在。あーあ。役にたたないよな

だから、結局、子供に時間をとられて、どうしても、仕事に100%
注げない。もうこれは、あと10年えんえんと続くテーマだなぁ。

それでも仕事はあきらめたくないし、
職種にもこだわっていきたいから、あと10年この調子でずっと
葛藤しながら、どっちも中途半端になろうが、
誰になんといわれようと、子育てと仕事、両方やっていくしかない。

でも、上海にそういう日本人の知り合いが少なく
悩みをわかちあう人がいない~。
だれかぁわかちあえるひとぉ求む!コメントくださーい。













スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

子育てと仕事をどうやっていけば、満足できるかって、多分満足できることはないでしょう。。。悟りを開かぬかぎりは。

子育てに専念してても、仕事に専念してても、満足できるかっていうと、多分そうじゃないよね~。

中国の文化の中で生活してたら、自分のやり方(日本のやり方?)が疑問に思ったり、自分ばっかり不器用なことしてる気がしたり、するんかな。お手伝いさんとかが子どもの面倒みるって、セレブな環境だったら、日本でも多々あると思う。子育ての中にも、日々の生活(基本的なこと、食事、洗濯とか)と、教育とあるから、そのうちの生活面は誰かに任せると、仕事はできるよね。でも、教育面は手を抜かない。教育ってのは、学業のことじゃなくて、人間として、社会できちんと生きていけるようにしつけるということ。これはさー、一緒にいればできるかってことと、また違うもんね。子どもも成長すると他から学んだりするし。それと愛!愛だけは惜しみなく子どもに注ぎましょう。

なんでも自分ひとりでやろうとせずにね。ひとりで物理的なことも、精神的なことも背負わずに、分担しよう。
一生懸命やってる母の背中を子どもたちは見てるよ!
2007/06/10(日) 09:36:38 | URL | shima #- [Edit
Shimaちゃん、コメントありがとう!!v-21
うん。たしかに!仕事だけしてても子育てだけしてても、たぶん満足できないと思う。母親になったその瞬間から、2足のわらじが自分のライフスタイルになんだよね。
それに、なによりも、子供を「しつけ」ることが大事なのも、同感。
これは、「親」にしかできないことだと思う。どこの国であっても絶対にこの条件は同じだと思うよね。
「しつけ」って毎日の積み重ねで根気がいるし、とても大変。
だからこそ、親にしかできないんだよね。
中国の習慣や周りの言葉にまようことなく、自分スタイルで
仕事も子育てもやっていきます。
お互いがんばろうね。Shimaちゃんはわたしの励みよ。
またアドバイスくださいねv-237
2007/06/17(日) 06:14:44 | URL | kakip #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。