--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.06.07 *Thu

ZEN と 禅 は違う?

昨日朝早く、突然英語のメールがきた。
迷惑メールかいな。と思いつつ、なにげに読んでみたら、
そうじゃなさそう。くらいはわかった。
5回くらい読み直して、「ZEN について教えてほしい」という依頼って
ことがわかった。

以前Webの仕事関係で、中国の「外灘画報」という雑誌の
取材をうけた時、名刺をわたし、それで連絡してきたみたい。
ってことは、この雑誌社の人かぁ。でも英語?なんで?
と思いながら、ZENだったら、日本語でなら答えられるな。
くらいに軽く、「できるよ」と適当な英語で返事した。
あとは、英語できる友達と旦那に正確な訳を頼んで、
返事を日本語で考える。

しかし、このテーマ実は奥が深かった。
最初、ZEN とは「禅宗」のZEN と思っていた。
でも、由来はそうでも、中身は違うらしい。彼女の質問もいまひとつ
的を得てない。思い切って、彼女に電話する。
そしたら、なんと、オーストラリア人だった。びっくりした。
そのとき取材を一緒にうけた、デザイナーだった。

どうも、中国人むけでなく、欧米人向けの雑誌に掲載するために、
彼女が執筆しなきゃいけないらしい。
彼女いわく、6人の人に頼んだけどみんな断られたので、
もうわらをもすがる思いでたのんでるの!って感じだった。

うけた以上は返さないといかんと、
友達にきいたり(lingmuさんありがとう!)いろいろ調べて、結論。
彼女のいってるZEN とは、「ZEN STYLE」 のこと。
日本人の思っている和の世界とはすこーし違う。
もともと、このスタイルは、欧米人がつくったもの。もとは、
禅宗の思想や理念に影響を受け、つくられたものだけれど、
あくまでも、欧米人が日本に対して感じているZEN。
欧米人にとっての和スタイル。

シンプル、簡素、直線的な、濃い茶と白、黒、とぎすまされた。
床座。
そういった言葉がぴったりのZEN STYLE。
実はこれには、東南アジアすべてのデザインが含まれる
要は、中国も日本も韓国も、インドネシアも全部一色単に考えられ
ているんだ。

その理解をした上で、アイテムだの、理念だの、上海で買えるSHOP
はないだのという質問にこたえる。
(この訳にも友達が関与してくれていて、ほんまにありがと!!)

このスタイルを勉強した時にリアルタイムに、
今日、会社で、シンガポール人がまさしく
このスタイルで和室をつくってほしい、という依頼があった。

今、どうも上海で、ZEN STYLE がトレンドらしい。
中国の華美な装飾、色使いとは対照的なのに。。
上海人の生活スタイルも変わり、現代人都会人となった今、
日々の生活におわれ、癒しが必要。
そんなとき、この「ZEN STYLE」という、シンプルですっきりした
スタイルが、心休めてくれるようだ。

というわけで、なんの雑誌かわかんないが
わたしの書いた文と、わたしの写真が掲載されるらしいです。
(正確には、みんなの協力のもとできあがった。特にPさんは
 俺の名前はのらんのか。とブーイング。)
最後は、ほとんど中国語のメールのやりとりで
なんとかおわった。

でも、欧米人からみた日本のZENを日本人が語るっているのも
なんかおかしいんでないかい?
西洋和中すべての文化が入り混じっているこのトレンドの波。
上海ならではですね。
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。