--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.11.15 *Sun

THE PULI HOTEL & SPA

先日、静安寺にできた、THE PULI HOTEL & SPA へいってきました。

感想は、今までみた上海のどこのホテルよりもよかった。
エントランスから、ロビーから、レストラン、客室、SPA。どこをとっても手抜きがない、
そしてデザインが、口でどう表現していいのかわかりませんが、
すばらしいです。

他のチェーン店のホテルと比べ物になりません。
先日いったペニンシュラだって、その前にまわったハイアットシリーズだって、
そのどこともまったく違うコンセプトでつくられたような、
まったく大衆化していない、オンリーワン的なホテルです。
上海にいるのに、アジアリゾートホテルにきたみたいです。

昔とまった、フーチュンリゾートホテルを思い出しました。

翌日帰国する日本の設計事務所の人がもしかしたら仕事での上海はラストかも
しれないので、最後にビジネスホテルじゃなくて、いいホテルにとまりたい
といって、散々考えたあげく、選んだのがPULI。

便乗してくまなく見学させていただきました。
BARでごちそうにもなり。。ありがとうございました。
客室の廊下やエレベータのエントランスまでもすばらしくて。
ちょっとしたところにおいてある、飾り物がまたすべて中国のものなのに
すばらしくセンスがよく、ただただためいきでした。

このBARがまたとてもいいのですよ。
無垢板のカウンターが、宿泊のチェックインカウンターからずーっと数十メートルつながっているんです。
手前がチェックインカウンター、奥がBAR。
そして、カウンターにすわると、目の前は公園。
笹がならぶ庭園をみながらお酒をのめます。

すごいなーと思ったのが、
共有スペースが多いこと。
ライブラリーがロビーにあって、高い天井までつづく本棚に洋書などが並び、
それを自由にかりて、部屋で読むこともできるし、ライブラリーでよむこともできます。
また、上の階は、夜景をみながらくつろげるラウンジがあり、
ゆったりとしたソファや、ソファベットもあり、フリードリンクで、自由に使うことができます。

ホスピタリティあふれるホテルでした。

地元の石や材料、モチーフをつかっていて、
リゾート気分満載です。

ここはアマンリゾートを設計した人が設計者で、
施工は日本の久米設計がおこなったそうです。

ずいぶん前から工事していたのは知ってましたが
相当時間をかけてようやく完成したホテル。

見ごたえ十分のおなかいっぱいになるホテルでした。
次は泊まりたい。。

Wさん。短い間でしたがお世話になりました。いろいろ教えていただいて
ありがとうございました。また上海これるといいですね。

puli6puli5
puli2puli3uketuke
puli7

スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。