--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.07.20 *Mon

ピアノコンサート

今日は、上海音楽tingにピアノコンサート聴きにいってきました。
今日のおでかけはそれだけ。。
上海音楽tingの重厚でクラシックな建物とても好きです。
特に入り口入ったところのドーム天井。ホール内のいすも。

のだめカンタービレで使われたピアノ曲を中国の宋思さんという
中国人ピアニストが弾くというコンサート。

日本人も多いかなとおもったが、中国人が圧倒的多かった。

ドラマの映像を流しながら、シーンで使われた曲を弾いていくというもの。
見た瞬間にどこのシーンかわかるようで、笑いがもれておりました。
子供たちがいたら喜んだのに~。ああ残念。

小澤征二のコンサートでものだめで使われたベートーベン第7交響曲を演奏していました。

こうやって、テレビでも放映されてない日本のドラマをみんなが当たり前のように知っていて
映像流してコンサートまでしちゃうなんて、ここの著作権ってどうなってんでしょ。

でも感想は、よかったです。

今日は、カップルでくると素敵なクラシックコンサートね。

実家へ会いに行った千秋がのだめにだきしめるシーンが現れ、
そのときの曲を弾き、最後にピアニストがフランスでバレンタインの日に弾いた?という
タイトルも「パリの恋・・・」(忘れた)というとにかくあまーいジャズの曲でしめくくられました。

のだめの曲はベートーベンやモーツアルトのお約束の楽曲だけじゃなくて
1900年代のジャズとクラシックがあわさったような曲もあったんですね。
それがrhapsody In Blue.
だから、硬くなくてききやすかったのでしょうね。
確かにのだめの選曲はすばらしい。ひとりで感心してました。

今年は冬に映画が公開されるらしいです。
次は五嶋龍。クラシック三昧するぞ~!
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

いいなぁ~~
うわぁ~行きたかったぁ~~
「のだめ」はドラマとアニメしか見ていませんが、よくぞまぁ~見事にライトクラシックと言うのを広めてくれましたよね。
そして、指揮者のアレンジによって色が変わっていくと言うクラシックの奥深さをよくぞまぁ~あんなに分かりやすく表現したなぁと感心しながら見てました。

結局は、頭でなく心で聞くのがイチバンですけどね。

あ~マジで行きたかったぁ~~~(えへへ)
2009/07/20(月) 02:20:59 | URL | LingZhi #ILnYFO8M [Edit
ほんとほんと。指揮者によってぜんぜん違う。あのパフォーマンスもとってもよかったですよね。CDも買って、まだ余韻にひたってます。わたし漫画読んでないんですけど、漫画でよくぞ音楽を表現できたもんだと。子供にもこれをみてきいて真剣に弦楽にとりくんでほしいですがオーケストラに入らないと弦楽器の楽しさはわかんないのかな。とも思います。
2009/07/20(月) 08:55:25 | URL | rinon #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。