--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.07.18 *Sat

没仕事

仕事がとれませんでした。
個人の仕事なんだけど、マンションの内装のお仕事でした。

今年は、施工は請け負わないで、設計に徹しようと思ったけれど、
結局設計は私、施工は知っている人にふる。となると、
見積もりは別々になって設計料がすごくお客さんにとっては高く感じるんですよね。

だいたい、設計と施工でまとめていくらっていうのが
お客様の中の考え。施工会社は設計図面がないと見積もりとれない。
わたしは図面書くにはお金もらわないとかけない。

お客さんはお金払わないといけない。しかし見積もり前に払うなんてありえない。
ではわたしはお金がもらえるかもらえないかわからないけれど
先に図面かく。施工者にわたす。見積もりする。
金額がみあわない。中国の会社にする。

図面書いた労力は無駄に。。。。それどころかその案をもってかれて
違う人がつくったりする。よくあることです。

去年は、先に無償で図面かいてました。施工もやってました。
お金はいただきました。でも、いただくまでにすごく時間かかりました。

反省を踏まえて方針を変えると、今度は仕事にもいたらない。

ううん。どうしたらいいのでしょう。
最小限の手書き図面くらいにしといて、それで見積もってもらって、
詳細はお金もらってからにするか。

設計に対して価値がわからない人とは仕事しないか。なんてこといってると設計の
価値がわかってるひとなんていないからなくなっちゃうか。。

上海では設計図面は日本より重要だと思います。1:3くらいで書く施工図面をわたして
数ミリのくるいもなく、図面通りに大工さんに施工させて間違ってたら、図面と違うでしょ
と責任を取らせてつくらせることが、大事なんだと。
適当な図面できれいに収めてつくれるのは日本の大工さんではできても
こっちの大工さんにはできません。

特に自宅の改装ともなると毎日使用する場所だから、絶対図面は大事だと思います。
でも、ここのところはいくらいってもわかっていただけないでしょうね。。。
設計と設計監理すれば、満足いくものつくれるんだけどなぁぁ
お客様にいいものをつくろうと思って話しても、話しても通用しない。

アプローチの仕方が悪いのでしょうか。。
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。