--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.06.25 *Thu

老人ホーム

現在、仕事では上海の高齢者向け住宅の仕事をしています。

1棟を日本人向けに分譲するために、
日本人の高齢者向け住宅の事例調査をしています。

高齢者住宅といっても今はいろいろな種類があり、制度も複雑で、日本といえども
高齢者向けのサービスはまだまだこれからと思いました。

なぜなら、年金制度があるにもかかわらず、年金範囲で生活できるのは
たかだか1ルームの介護なし賃貸住宅程度。

本当に高齢者が余生を快適にすごす施設は、5千万~3億一時金がかかり、
月額も20万以上管理費がかかります。

しかも、いったんはいってしまうと、減価償却されて長くとも15年で自分の財産は
きえていってしまいます。

日本の老後もお金で買う時代なんですね。
ということは、少なくても5千万は貯金が必要で、あとは年金で支払い、
快適な?老人ばかりすむマンションにすむのか。。
子供の教育費払って散在して、貯蓄なく、あげくの果てが、認知症になってグループホームなんかに
いれられて、しらないうちに死んでいた。
そういう結末になりかねない。。

こんな現実知ったら、子供生みたくないですよね。。子育て分を
自分に費やして、高級老人ホームですごす。
子供がいる世帯にはできない話だ。。

高齢化社会の問題と、少子化の問題はひもつきなんですね。

これからきっとどんどんこうやって老人の全財産を、すいとる民間企業が増えていくのでしょう。。

それより、今すんでいる自宅で快適に死んでいける方法は
ないものなんでしょうか。。

考えさせられる仕事です。
またこれを、上海に置き換えたとき、日本人はマンションを購入してくれるのでしょうか。

上海に日本人むけ高齢者じゅうたくあったら買いますか?
みなさんのご意見をききたいところです。
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/26(金) 21:54:35 | | # [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/26(金) 00:33:57 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。