--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.12.23 *Tue

子供のこと

年内最後の内装仕事がおわり、(こまごましたことはやまのようにあるが。。)

子供に目を向けてみると、学校が荒れてる。

よくよく子供の話をきいているうち、学校の担任の先生は
わたしがいつも現場で扱ってるあらくれ大工さんたちと全く一緒のレベルのようだ。
上海人のおばちゃんなんですが。

子供の成績を上げることだけに注力を注ぐ。(だができない子は無視する。)
成績のよい子、行儀のよい子をひいきする。みんなの前で誰がきらいで誰が好きかいいはなつ。
危険な子供の行為に対して注意をしない。
子供が怪我をしたとき、おかあさんにいわないでという。
子供からあずかった作文ノートにべったりとお茶をこぼしたにもかかわらず全く謝らない。
学校で盗難にあったにもかかわらず全く対策をとらない。

この1学期でこんなたくさんのことがおこりました。
日本の学校では即刻クビだな。今までも学校でこんなことおこらなかった。
このおばちゃんが担任になってからだ。
しかもたくさんの子が怪我をしたりもしてる。子供の身の危険すら感じる。
さらにこのあばちゃんが5年生まで担任となるそうだ。
こんな人に教えられたらおしまいだ。

今までいろいろ気になってはいたが仕事にかまけてアプローチできなかった。

この学校の教育方針、先生の対応。

まとめて先生に手紙を書こうか。
直接会って話そうか。
あるいは、校長先生に手紙をわたそうか。

いずれにしても、込み入った話を中国語でかわすのは4年近くいてもやっぱり大変です。
特に、もともとの考え方や文化的レベルも違う人と話をするのは明らかに困難です。
これは、仕事においても同様です。
クラスのほとんどが大陸人以外である子供をあつかってる学校で
こんな先生を採用するのは全く間違ってる。他のローカル学校と違うからこそ
この学校を選んだのに。

他のネイティブなお母さんもまきこんで話をした方がいいのではないか。
仕事にまみれないうちにはやく、なんとかしようと考えています。

スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。