--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.10.31 *Fri

ひどい!

明後日、浦東のヘアサロンがOPENします。

毎回のことだけれど、いつもOPENぎりぎりになってようやくどたばたと
作り始める。しかし今回は今までの中で一番ひどい。

職人は昼間トランプしたり寝ていたり、
昨日現場をチェックしたら、コンセントが斜めについていたり、高さがずれていたり、
幅木と壁の間に隙間ができていたり、家具と壁の間にも。
塗装は2回塗りで終わっているのでむらむらになってるし。
たかだか50㎡の部屋でスイッチが山のようにあってどのスイッチがどれかわからない
ほど分けてつくっているし。。
お客さんの椅子の上に土足でのったり、

もう許せない。

昨日はみんなを終わるまで返すなといってるのに、
帰らせ(というか勝手に帰っていく)、現場監督にわたしは、
今回はあまりにも施工がひどい。
あなたはまったく責任者としての仕事を今回はしていない。と
すごく怒った。

今日1日でどこまでわたしの指摘事項を修正するか、しなかったら、
彼にお金は渡さない。といいわたした。

今回は現場監理費全額は彼には払えない。払ったら調子にのる。
ほんとうにひどい。

こんな現場、外見がよくてもさまざまな故障が発生するのではないだろうか。
電話がかかってくるのは私のところ。
だから、彼は全く責任者としての顔をしていない。

もうこいつは使わない。
ずっと年上の人だけれど、まるで自分の子供をみているみたいだ。
どうしてこう、中国人は慣れてくると甘えて手を抜きすぎるんだろう。
何回いってもわからん。そのときしか覚えてない。
時間がたつといったことをすぐ忘れる。甘い顔をするとすぐ調子にのる。
なんでそんなにあほなん?
と子供によく怒ってるが、全くおんなじことを昨日10歳以上年上の人にいった。

ほんとに施工はいやだ。

昨日も帰宅は11時。夕方からずっと掃除した。
掃除の費用は誰が取るの?

先日、今設計しているヤオハン地下のケーキ店のブースの確認のために
施工会社さんと現場へいった。
そのとき、ヤオハンの人から設計監理者へ連絡してくださいと
いわれたため、連絡をした。30分くらい待った後ようやくやってきて、
開口一番日本人の設計士に言われた。
「わたしは設計のみですから、現場に呼ばないでください」

そうなの?そういうもんか?わたしも設計だけのつもりなんだけど。
でも、現場に毎日いっていつも不在の現場監督にかわって
現場の職人に指示して、こうやって掃除までしてる。
わたしってなにしてんの?こんなんじゃ施工監理料もらうのは私やん。

やってられへん。
この日本人設計士の言葉おもいだして、遅くまでなんで掃除してんのかわからへん
こんなことしてる間に外看板の図面やら書くことこそ私の仕事だろうが。

自分をみてやりきれなくなった。


スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。