--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.10.17 *Fri

思ったよりもすごく大変

ヘアサロン用の本棚の扉。これは入り口入るとすぐに目に入る部分なので、
重要な部分なのです。

中国風の扉もようにしても、中のものがみえないように、すりガラスをいれてと
考えていますが、厚みや重さの問題で引き戸にしたり開き戸にしたり、
2枚扉にしたり3枚扉にしたり、2てん3てんして、もうぐちゃぐちゃ。
扉つくる人は、扉のことしか頭になく、
扉の中を作る人は中のことしかかんがえず、
そこを調整する現場監督は、忙しくて調整できず!もう今から発注じゃあ
どうにもならんやん。

ではデザイン部分の中国模様はどうか。それもかなりいまいち。
デザイン図をおこしてはわたしが手直しをして、またおこしては。
めんどくさいからか、感覚がないからか、思うものがあがってこない。

複雑なものをつくることが、これほどまでに大変なことかと、たかが扉ひとつされど扉ひとつで
感じました。
でもそれでよく、あんなはではでこてこてな中国のマンション内装や中華料理屋がつくれる
ものだと思うんだ。設計士の努力と、向上心のある施工業者のたまものなんだろう。




スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。