--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.04.07 *Mon

デザイナーの王道は。。

最近知り合いになった人から、
ある設計事務所の所長さんを紹介していただいて、いろいろなお話を伺うことができました。
とても、影響をうけました。
その少し前もいつも相談にのってもらってるデザイナーの人と、最近の仕事の話など
お互いにかなり話こんだのですが、
同業の方と話をするといつも、視点やスケールが全然違っていても
とても刺激があって、吸収することがだくさんあって、ほんとうに楽しい。うれしい。
こういう人がいるところで仕事をしたいと強く強く思うのですが、現実はそうはいかず、
たまにこうやって情報交換させてもらっています。

この所長さんは、設計オンリーで喰ってるデザイナーの王道です。
しかもきっかけはモンゴル自治区のコンペで勝ち取り、それから次々と大きな中国の仕事を手がけっれているまさしく正統派サクセスストーリー。
でも勝ち取るまで、あるいはお金を得るまでの中国政府と、中国人とのやりとり、駆け引きなど苦労話で1冊の本が書けるというくらいに、いろいろなことがあったそうです。大変興味深い話でした。

中国っていうのはいろんなところで利権が発生するから、
どんなに設計がすばらしくても、それだけでは仕事を得ることはできない。
そこを粘り強くあきらめず、そして、運もよく、やり遂げたところが非常にすばらしいと思いました。

中国の仕事は、運と賭けとそして粘り強さ。

設計料だけで数億もらえる仕事なんてなんてうらやましい!
日本だって、設計料なんてあってないようなものとしか思われていないくらい価値が低いのに。

そこの事務所では、別荘や店舗などもたまに依頼があればてがけられていて、
そのとき、インテリアや、小規模の内装であればお願いしたいと
いっていただきました。

1つ1つ。今日も上向きのいい1日。

(Sさん。Lingzhiさん、tomさん。どれをいったらいいのだろう。。ありがとうございました!)


スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。