This Archive : 2008年08月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.08.25 *Mon

がんばれ日本

2週間ほど日本に帰っていました。

おりしも北京オリンピックの開会式に旅立ち、閉会式に帰ってきたわけですが、
その期間の日本のオリンピック報道。
オリンピックに熱狂!でも中国は大嫌い どこかで失敗してほしい的報道にはうんざりしました。
この期間の中国人の応援のマナーがどうだとか、運営がよくないだとか、
開会式が口ぱくでCG使ってたからどうだとか、テロ活動の弾圧で人を殺したとか
中には、笑えるくらいの重箱の隅をつつくような報道もいっぱいあって、
日本人の程度の低さを露呈してしまうようなものなのに。とがっかりした報道がたくさんありました。

でも、きっと心の中で、オリンピックが粛々と進み、盛り上がり、メダルを獲得していく
中国を日本の人は脅威に感じていたのではないかなぁ。。
脅威の理由はなにか日本の人はわかっているのでしょうか?

中国という国が正しいわけでも、共感できるわけでも、一生すみたいわけ
でもないけれど、同じアジアの国として、相手を理解してあげようとする姿勢をまず
もたなければ。

夫婦は所詮他人。それでもお互いに理解していこう、あわせていこうと努力があるからこそ
やっていける。日本と中国もそんな関係なっていけばいいのにな。

中国のパワーはやはり人の数にあると思います。
受賞式にそろう美女軍団、開会式の美しく舞う数千人の人たち、あれだけのエンターテイメントを
ぶち上げられるのには、多くの才能ある人の力が必要です。
今回日本に帰ってわたしもしみじみ思ったことですが、誰も一人ではなにもできないんです。

チャンイーモウ監督だって、彼一人ではあの開幕式はできない。
たくさんの人が演じてくれて、演出してくれて、そして、彼の創造するものができるのです。

日本の人も日本人はどんどん人が減ってきているのだから、
自国の人を増やすことができないならば、
その分他の人他の国の人に頼ればいいんです。

がんばれ日本。

オリンピックの選手以外の日本人に叫びたくなりました。

スポンサーサイト
CATEGORY : その他
THEME : 中国 / GENRE : 海外情報
DATE : 2008/08/25 (月) 19:20:58
COMMENT : 1  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.08.25 *Mon

上海で仕事ができるありがたさってのは

日本に帰って思ったこと。

わたしが上海にいることができるのは、わたし一人のがんばりではない。

夫や両親や親族、友達。昔勤めていた事務所の人たち。

みんなが協力してくれるからこそ、わたしは上海で生活できるんだな。

それをつくづく感じました。

いつも日本に帰ると、意欲をそがれて、いやぁな気分にさせられる日本。

でも、今回はそうではなく、日本にいる人たちに感謝をしたくなりました。

わたしが上海で仕事ができること。上海にいることができること。

それを手柄みたいに自分の努力だ努力だなんて思ってたわたしが

なんだか「ばかだったな」と思ってしまいました。

だから、ただただ無我夢中でやってる仕事や生活を続けることにもっと意義深く

していかないといけないと感じました。

「目標をもつ」

「パートナーをみつける」

この2つをしないと。いろんな人と話して、なんとなく、おぼろげながら見えて

きたことがあります。実現したいな。こういう話を真剣に一緒に語れる人がほしいな。

すごく感じています。

今回は、日本に帰ってデザイン本だけじゃなく、ビジネス書もよんでみました。

まったく興味なかったビジネス書だけでど、今回はなんだか興味深く読めました。

これは一体!?

でも日本は企業の組織の中で認められるためには?という内容に偏ってるから、

個人でやってる人はどうしたらいいの?って思うことばかりでした。

で、不満を話したら、夫が、サイバーエージェントの藤田社長の本を貸してくれました。

すごくわかりやすくて、一気に読めました。

後半は、株やら買収やらわかんないマネーゲームの話ばっかりだったので、さっぱりでしたが、

日本で上海でやってるようなことしてる人がいるんだなぁと。

実はわたしの日本の住まいあたりでは、ベンチャーなんて言葉あってもやってる人をみたことない。

ITバブルがあったことすらわたしには無関係でよくわかってなかった。(これはわたしだけです。はい)

会社をたちあげるために、いろんな人と会って相談して、スカウトして、営業して、

上海で起業してる若い日本の人たちとだぶります。

この本を日本に住んで読んでいたとしたら、たぶん藤田社長をすごくうさんくさい、

なりあがりもんだと思ったに違いないけど、今はなんだか共感してしまいます。

わたしは、藤田さんのように仕事に100%をハードにささげる時間はないけれど、

仕事に対する意欲は同じです。この人もきっとすごく熱い人なんだろうな。

でも、「21世紀を代表する会社をつくる」ことという高い目標をずっと持ち続けて

モチベーションを下げることなく10年もやってこられてるってすごい。

わたしはこの怒涛の半年でも壊れそうでした。。。

で、目標をもたなければ。そう思いました。

いろいろ思ってることがあります。いつも子育ても仕事の目標も見失ってばっかりで

中国の人からもたしなめられるくらいに子供をぞんざいに扱ってしまうこともあるけれど、

時間が取れない分は集中力(これが一番きついんだけど。。)と分散(要は人に振る)。

これを何とか工夫して、いろいろ思ってることを目標にして、実現していくことが大事です。



これを貸してくれた夫。

わたしよりずっと頭の切れる夫はこれを読んで、わたしのような元気をもらいましたぁ的な陳腐な

ものではなく、もっとなにかを感じていたに違いないんですが。。。感想は聞いてません。

目の前に同じ環境が整ってるのに、貪欲になれずひたすら疲れてる私をみていらいらしてるん

だろうなぁ。と思います。

藤田さんのブログもみてしまいました。こんな社長の下だったら楽しそうだとか、

おもしろそうな会社だと思わせますねぇ。これも会社の宣伝に大いになるわけで、

ブログはもっとまめに更新しないとね。。

しかしこの藤田社長、結構漫画やゲームにはまってて、おたく系なんすかね。この人。

ちょっと寂しげなうちの夫とだぶる部分が。。あ、いや。夫さんいつも感謝してますよ。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。