This Archive : 2008年05月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.05.31 *Sat

解決のきざし

お金の件、解決しました。たぶん。
本当にもらうまではまだやっぱり不安だけれど。。。。(完全にとらうま。。。)

日本人オーナーはとてもがんばってくれました。
やっぱり信用の価値あり。
これからもずっとなにかあったら私にお願いすることを
前提としてとまでいっていただきました。

でも、なんだか最近の私は、お金の調整や、お客さんとの会話がなりたたず。
ただただいらいらぷんぷんしているだけのような気もしており、ふと冷静になると、
この大事なお客さんにもわたしは暴言をはきまってるかもしれないです。
ああ。わたしってわたしって。

あとは、なんだろう。。。こうどうしてもなにかお客さんと一線をおいてしまうというか。。
あー。またなんだかいらいらしてきた。私って自分のつくったものをみてもらって
評価してもらうタイプで、言葉でお客さんを殺すことはできないタイプです。ほんと。
もっと処世術を学ばないと。。

15日に美容院オープン予定です。内装がだいぶできてきました。
自分の中ではすごくいいものができてると想像しているのですが、心配です。
仕上げの最後の部分がとても大事です。
各種看板、照明の色、照明の高さ、家具の配置、塗装の色。
壁紙の柄。ここからがわたしの出番といっても過言ではありません。

今日は、施主のみなさんが見にこられました。
特に何もなかったけれど、これからもっとよくなるからみててください。
あと2週間。がんばります!!!!!
できたらみなさんきてくださいね。

わたしは第1号のお客さんになろうかなぁと思ってます。
髪切らないこと4ヶ月。ぼうぼうです。

どんなかな。お湯の温度はちょうどいいか?店の照明はちょうどいいか。
オーダーした椅子の座り心地はいいか?
ああこんな立場でお客さんになるのはきがきでないです。。。

それとは別にバーも着工です。今日契約しました。
こちらも金額がタイトですが、できるだけ、安いコストでいいものができるように
やっていくつもりです。




スポンサーサイト
COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.05.19 *Mon

わたしも切れた。

全くもって。。。

××2号店。施工大変なことになっています。
これだけ施工も設計も夜も寝られないくらいにがんばってやってるのに、
上海の若造老板にどんどん恨まれている。

上海人って一旦信じなくなったらどこまでも、底知れなく、いんけんにどこまでもどこまで
おいつめていたぶっておちていくのね。

今日は、何人きたから人工代いくら。壁からの材料をとって、それを他の人にみせて
悪い材料なのになんでこんなに高いんだ。

そして今日は、買った時の明細を全部みせてくれ。
契約したときは、すべての材料がどんなものかわからなかった。
知る権利がある。だから今確認している。

はぁ?

契約すんでからこんなこというなんて契約違反だ。
この人とはこんなことにならないと思ってたのに。
もうわたしとしては続けられない。がんばってやってきても、彼とはいくら話をしても
話がつかない。どんどん陰湿に信じられないような発言を次々としてくる。
日本人の老板にいうも、上海人の扱いはなれないと。がんばって。
彼もきっとそれはよくあるはったりだから、って。
わたしはだめだ。そんなことをいう彼は許せない。はったりだろうが本当だろうが。
わたしは日本人だ。今回は日本人と仕事をするはずだったのに、
どうしてこんなことになってんねん。

上海人とやってくなら、最初からそういう契約にするよ。
もうわたしの設計費と今までかかった費用をもらって、おしまいにしたい。
設計管理を今の人と違う大工さんとではできない。絶対に。
道端でやってるような大工に頼むくらいなら、管理したくない。

わたしはこの設計にすごく思い入れを感じて、日本人老板を信じてずっとがんばってきてるのに。
彼の言うように金額もやりかたも譲歩して、説明もしてきたのに。

確かに、わたしが施工に関してきっちり説明できなかったことは反省すべき点はある。
電気や、水道わからないこともたくさんある。これは大工ときっちり話をしてもらうようにする。

でも、ある材料はわたしも選びにいって、(以前のブログにかいたように)悪いものは選んでない。
吟味に吟味をかさねて、予算内のものにしてるけれど、極端に安いものなんて選んでないのに。。
家具だって、宝山区の遠いところに足をはこんで、自分のお金持ち出ししてつくってるのに。
この苦労をなんだと思ってんの?お客さんを信じてずっとやってきたのに。

信頼関係だけでやるなんてとても無理だ。
もうわたしも彼を全然信用できない。
大工さんと彼と話をしてもらって、そのあと、上海老板と日本人老板とわたしと大工と4人で
話してそれでも話にならなかったら、おわり。とにかく今は、話し合いが必要だ。
設計をして報酬をもらったら、それは罪悪なのか?
そんないわれようだ。

そういいつつ、わたしって絶対金儲けや老板はできへんな。と実感。
確かに!こういう人をやりこめられずして、もうけはできず。
さて、わたしはきちんと報酬をもらえるのでしょうか?
ただどころか、赤字?

そんなことになったら、実名だすぞ~。。!
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.05.16 *Fri

女力。

昨日2件お客さんとこに打ち合わせににあったら

2人共に、
「肌ががさがさですよ。大丈夫ですか?」
ビタミンCとったほうがいいですよ」

と指摘され。。。鏡みると、みるも無残な肌。。

ううおはずかしい。。

エステも2ヶ月いってないしなぁ。その前は1年くらいいってなかったし。
いくひまあらへんし。

夜と朝パックしてみた。
でももう肌が吸収してくれなくって、重症だ。

この前「働きマン」ってDVDみたら、「女子力」とか「姫力」が足りないという言葉がでてたし、
旦那には「おやじ化注意」ステッカーをもらってしまったし。
いかんいかん。わたしも女力をつけんと。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.05.14 *Wed

看板製作完成!!

小さい仕事ですが。。看板製作やっと完成しました。
一回暗礁にのりかけた仕事だったけど、無事おわりました。
たかが看板。されど看板。感慨深いわあ~。
これは今改装しているところとはまた違う美容院です。

しかぁーし。これも設置までにいろいろ苦労がありまして、、
中国って、つくって失敗してやりなおして、また失敗してやりなおして、
一度できっちりきることがない。しんじられませーん。
1回目。肝心なネイルサロンの店名ロゴがごっそりぬけていた。。。
2回目。188元~ の~がぬけていた。
3回目。無事におわり。

作る前日、夜中にわたしのデザインを大きくすると、線が全部細くなる。なんとかして。と連絡。
メール送ってやりとり。
2回目。ネイルサロンの店名を大きくすると、白い点がうきあがってくる。修正して。
これまた夜中12時すぎに電話かかってくる。どないやねん!

なんで前日のしかも夜中やねん。
で、また、失敗設置失敗設置のたびに、現場いって、夜9時まで現場たちあい。おいおい。

しかし、1回目設置前も、解体したところで寸法はかって、工場帰ってそこからつくってました。
おいおい当日やンか。
結局、解体は朝いちからだったのに、看板を設置し始めたのは夜から。
なんでこういう仕事のしかたしかできへんねやろ~。
今も、まだ、看板の横の処理とか、看板の後のスイッチとか、完璧でありません。
それに、図面に電球がきれたときの修理工をつくってお願いしたのに、
電球がきれたらする交換にくるから大丈夫といって、なにもつくらなかった。
大丈夫かいな。。。

美容院の家具とか一発OKやろうか。すごーく心配になってます。

でも、看板は、以前のイメージからは一新しております。すごくよくなったと思う。
奥様イメージに一新しております。古北のZENSALONきてね。
(またもや自画自賛)。

これをみていた、この美容院のとなりのとなりの店の店主さん。
葉っぱのデザインいい感じですね。
うちにもデザインしてくれます?とご依頼いただきました。
ありがとうございます。大正ロマン風かしらぁ。。うーん考えみよう。

なんだか看板含む店舗のファサードデザイン依頼も最近多くなってます。
平面設計の方がわたしむいてんのかなぁ。

ここは内装もちょっとだけする予定。プチリフォームもお楽しみにぃ。




COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.05.14 *Wed

店名発覚!

美容院大詰めです。。。2徹 しました。死亡。
今週末はこの忙しいのに子供の誕生会までひかえていて。
でも、子供のこともがんばってあげないと。。

ところで、お客さんと家具図面を打ち合わせのときに、ロゴの製作準備にかからないといけないので、
店名をうかがいました。「×× 2号店」 
そうか、××だったのか。(いまさらわかっているわたしもばかもの?)

有名店だからちょっとプレッシャー。がんばります。
6月OPENめざしていきます。

日本人老板のSさんいろいろお世話になってます。
お仕事も紹介いただきありがとうございます。感謝です。

ただ、上海人の老板は工事費が高いから、契約解除だとか、工事のやりかたが悪いだとか
いちゃもんつけられてつらい毎日だけど、この日本人老板のためにがんばるわ。

最初はよかった関係も上海人が日本人にいろいろふきこんで、関係が悪くなって、
最後は決裂っていう話もあるから、気をつけないといけないよ。上海人には。
と現場監督にもいわれています。(という現場監督も上海人だが)
それは、日本人老板とわたしの信頼関係にかかっています。
なんでこんな上海人は度量が小さくてこすっからいんだろう。
若者から大人まで。ほんとうにうざい。

現場監督が「老房子は問題がたくさん発生するからやらないほうがいい。お金の面、保証の面、ちゃんとわかってもらわないといけないよ。」この意見は、そのとおりになってます。
こっちはリスキーな仕事までしてやってあげてるのに、追加料金が高いだの工事がなってない
だのといちゃもんつけられ、こっちもそんな工事したくなかったし、
普通の日本の会社やったら絶対しない仕事なのに、そこんとこを全然上海人はわかってない。

そりゃあ上海の会社なら、安く適当にどんな仕事だってしてしまうんでしょ。質はともかく。
お金さえわたせば殺人だってしてしまう中国人だからね。
私としては、いちゃもんつける前に感謝してほしいくらいだって思うのに。。
このあたりの道徳観念がなってないというか、仕事の頼み方もなってないとか、
まだまだやなぁ、こいつらって思います。
わたしには、金わたすんだから、完全犯罪の殺人をしてください。っていってるようにしか
聞こえないんだけど。
ああ、やっぱり最後はぐちになってしまう。

いやいや上海にいるんだから、「こいつら」に対抗できる自分にならんといかんのやろうか。
とにかくこれからが楽しい内装。
負けへンよ。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.05.04 *Sun

ひさしぶりの九星市場 そして3連休はおわった

sheshanから帰ったあとは、すぐに仕事。
今日はまだ休みだけど、朝一現場監督さんが迎えにきてくれて、一緒に九星市場に。
例の老房子の美容院の材料を選びにいきました。

しかし、予算が厳しいので、いいものに出会うと、すべて予算オーバー。そんなんばっかり。
現場監督には、予算の範囲で選べばそれでいい。それしかない。
ここでも問題。見積もりの段階ですべての仕様を決めておくなんて不可能。
でも、見積もりできめておかないと、あとでコストアップなんてお客さんには言えない。

プランと見積もりに1週間でやってください。なんてお客さんの要求には軽々しく答えてはいけないし、さらに、大工には、自分の思っている材料の説明もきっちりしておかないと、こういう結果に。。。。

予算の範囲の材料を駆使して、悩みになやんで、床、壁、天井材を選ぶ。
窓、扉2枚、窓枠、巾木、廻り縁、塗料の色、その他もろもろ。決め切れなかったものもあるし、
巾木の図面や扉の図面もまだまだどっさりかかなきゃいけない。無理だ~。
現場監督に、やとってる大工を遊ばせられないから、図面は早急につくってよ!
と念をおされ。。助手がほしいよ~。

朝9時半から、のまず食わずで終わったのは夕方5時。しかもずっと歩き詰め。
い山路とちがって、店にいって、さらにイメージが膨らむものではないので、しっかりと
事前に買うものの色、材料、材質などをイメージしていかないと、ぶれるし、変なもの選ぶし。
ここはじっくり時間をかけてよくかんがえないといけません。

そうこうしてるうちにさらに、昨日の看板の話、次の物件の内装の話。
電話が次々かかります。

そして、今日も子供はチェロを習いにいけず。。。。
最近土曜の習い事まで仕事がくいこんで、バイオリンは自分でいかせて、チェロは送迎が必要なので、休み。。もうぼろぼろです。
ご飯も準備してなかったから、パンとか勝手に焼いてたべたりして、おととい、昨日とホテルでいいものを豪勢にたべてたからもう許してもらうことに勝手に自分で納得させる。
これからアイに土曜もきてもらうようお願いもした。もうだめだ、ここ1ヶ月はたぶん土日がつぶれる。

一旦6時ごろ家に帰るも、次の物件の調査のために現場へいかないといけない。
おなかぺこぺこの子供をさすがにほっておけないので、
夕飯の時間に子供を現場近くの居酒屋の個室に送り込んで、注文しておいて、たべさせてる間にお客さんと打ち合わせ。

こうして、3連休はあっというまにおわりました。
明日は日曜だけど、わたしも子供もそれぞれに出勤と通学。
日本はまだまだGW真っ只中。
同じ会社の人は(一応まだこのあやしい会社にいってます。。)、狙ったように日本出張をつくって2週間近く日本へ。日本帰ったら、日本のカレンダーで休めるから、絶対家族に会いにいってるんだ。
このやろ~!会社のお金でかえってしかも休みのおいしいとこどり。
全く奴はなってない。

話がどんどんそれてきました。
24時間仕事から逃れられない毎日。仕事の責任と、子育ての責任と、重圧に押しつぶされそうな日々。しかしだーれも助けてくれない、すごくあやうい母子生活。
子供がいるから持ちこたえてるけど、キャパの少ないわたしの精神力の限界超えてます。
いつどこかでなにかがおかしくなっても不思議じゃないからなにかあったときにどうしたらいいか、子供たちにはちゃんといっておかないと。ちょっと最近自分でもとっても心配になっています。
COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.05.03 *Sat

リスクはつきもの?

3連休。現場が大忙しなのに、わたしは子供たちと近場旅行に。
仕事ばっかりで最近土日もなく、子供にはとてもかわいそうなことをしていたので、
罪滅ぼしに、この2日間は子供の楽しめるところに連れて行ってあげようと、
以前パパがいるときにいったsheshanへ。
いっぱい日焼けして、2日びっちり遊んで満足だったよう。。
今回はお友達も一緒だったからなおさら楽しかったみたい。ほんとによかったよかった。
Mさん車だしてくれてありがとう!感謝感謝。行きは立体高速の乗り方がわからずに。
外環状と延安高速の立体高速の乗り場で1時間もぐるぐるまわってたけど、帰りは35分で。
中国の標識ってすごく不親切で、すごく複雑。わたし全くナビの役果たせず。

しかし、毎日何度もかかる仕事の電話。これには参った。
監督からの電話は仕方ない。わたしがいればと思うこともたくさんあるのにやってくれてる。
今日からやりますよ。。

お客さんからの電話。これはもう参った。
看板つくりと少しだけの改装。看板がおちて人がけがしたり死んだら保証してくれるのか?
それを書いた契約書をきっちりかいてくれ。とのこと。
わたしは今個人で仕事をうけて、個人の大工さんがつくるので、
個人では契約書をつくっても効力がない。会社のはんこもない。
会社として契約書をつくってうれたらこの仕事うける。とのこと。

大工は、そういう条件なら、最初から仕事をうけるべきではない、とわたしをたしなめる。
そりゃそうだ。
もう10日ほどまえにお金をうけとって、すでに仕事をはじめている。
費用だって発生してる。それなのになんで今になって。
しかし、20万円くらいの小さい仕事でもめるもめる。
わたし自身もこの小さい仕事にお客さんのためにどれくらいの時間を費やしたか。。

客側の複雑な形態もある。
日本人の店長とお金をだすシンガポールのオーナー。
不在であるオーナーのかわりにいる上海の老板。
もともとはこの上海人と日本人店長とのコミュニケーションの悪さからくる後手後手。
そのつけが全部こっちにきてる。
やらないならやらないで、初めにいってほしいし、
やるならやるで、店長で責任もってやるといってもらいたい。
店長の方はわたしが責任をもってやるといってほしい。といわれた。
しかし、わたしが一筆かいても効力はないからたぶん上海老板としてはうけないと思う。

わたしもこれからの仕事において考えなければならないことがありました。
会社であることと、個人であることの違い。
施工までうけることのリスクの大きさ。
ほんとうのお客さん(実際に支払う人がだれなのか)の見極め。

監督とは先日焼肉や刺身をご馳走してもらって、いろいろ話をしたのだが、
彼に会社を立ち上げをする気があるか聞いて見た。
彼は、会社があるほうが便利。施工となると客も命をあずけるんだから、今回のように
会社で受けるほうが安心してもらえる。
しかも彼は上海人だから会社をつくることはたやすい。
でも、もしも仕事がなかったら。。そのときは税金問題など、いろいろややこしいことがおこるらしい。
わたしが多くの仕事をもってこれたらいいのかもしれない。わたしの仕事の状況次第か?
わたし自身はフリーのデザイナーの立場をずっと続けて、施工は彼がつくった会社に頼む。
それがいい形態なんじゃないだろうか。
自分も会社たちあげに絡むまでは考えてない。きっとそうなると、儲けや金勘定に忙しくなって
デザインすることができなくなるから。わたしは経営者向きではありません。はい。

それにしても、内装工事は服をつくったりとは違ってリスクの大きな仕事です。
いくら信頼関係でといっても、現実は厳しい。
リスキーな仕事の危険性をひしひしと感じてます。
毎日いろいろなことが心配で、寝られないことがたくさんあります。
仕事のうけかたは早急に考えなければと思います。
COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。