This Archive : 2007年05月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.05.29 *Tue

外で泥酔

週末夜にイベントを見にいくため子供たちと、都会のワイハイ路に
でかけた。といっても自宅からタクシーで30分くらいでついて
しまう手軽さなんだけど。

イベント終了後、およそ夜10時ころだろうか。
会場からでて、歩いていると、酔って路上にひっくりかえってる
若者がいた。どうも日本人高校生らしい。
近くの居酒屋(しかも白木屋)で、合コンだったそうだ。
(合コン参加者が、わたしのママ友の子供だったので知る。)

よく、日本ではみかけるこの光景。上海でもみかけてしまうとは。
しかも舞台は白木屋前(上海にもあるのだ)。どうみても日本やん。
上海で、高校生が、日本人同士で合コン?そして路上で
酔いつぶれる??

わたしがそんなことして遊んでたのは大学生のときだったし、
しかも場所は京都だぞ。

今の日本人の子供たちは海外に舞台を広げて
無防備にこんなことしてんですね。

うらやましいというか、平和というか。
上海はやっぱりとても住みやすいところなのか
どこにいっても警戒心の少ない日本人特有のものなのか。

そういえば、路上で、昼ねしてる中国人はみても、
酔いつぶれている中国人を私はみたことがない。
欧米人もみたことないな~。
欧米人がひっくりかえったら、かさばりそ~。
(あまり夜に外で歩いていないので見かける機会もないですが)

でも、日本人駐在員が、同僚に両脇かかえられて歩いている姿は
何度かみたことあります。
外で酔いつぶれるってのは日本人独特のものなんだろうか?

日本人。外で酔わずに、家でよいつぶれなさい。かっこ悪いぞ。


スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.05.26 *Sat

初めてのプレゼン 結果は??

今日、上海にきて初めてお客さんにプレゼン!工数まる1週間。この遅さが、会社でおこられる原因だな。
でも結果、プランは気にいってもらった。

しかし、プレゼンは無駄におわる。

理由は、政府関係の申請問題。
この場所での改装に大幅な制限があること。
現在のこの場所でこの業種での営業自体が違法だから、来年1月には
営業許可が継続されないかもしれない。

今回のプレゼン作成にあたって、相談にのってくれてた人が、
プランする前に、無駄にならないように、
①政府関係への申請が必要ないか確認すること。
②元図面をもらうこと。
③予算を聞いておくこと。

「この点をちゃんと確認しときや。」と注意されたけれど、
まさしくそれでひっかかってしまった。
わたしは当然施主に依頼したけれど、この3つどれも手にいれることが
できずプレゼン。反省やな。しかし、施主自身もこの重要性をわかってないことが多い。

上海はシステムがすごくややこしい。経営者が中国人だって営業許可にかかわる政府関係の手続きはわかってない。なぜなら、法律が頻繁に変わる、しかし公開されていない、それでも政府関係者に袖の下をにぎらせることで、非合法が合法になることもある。しかし次回延長時にそれがうまくいくとは限らない。なんのこっちゃ。要はでたとこ勝負やん。

だから、同じ場所で店の営業なんて長くて5年くらい。そういった理由で改装の仕事はとてもたくさんあるんだ。

しかもこっちの外国人経営の会社ってのは、ややこしい。
依頼者は帰化した日本人だけれど、オーナーはシンガポール人、共同経営者は上海人の女性。プランの内容は日本人、予算はシンガポール人、政府申請関係は、上海人、それぞれに確認しないといけないのだ。
そしてこんな手戻りがある。

わたしも勉強になった。

でさ、依頼者じゃないその店のスタッフの日本人が
「あんまりがんばりすぎない方がいいですよ。どうせ無駄になっちゃうから。」
「地道にこつこつがんばったら、道が開けるって思ってるでしょ。
ここは違うんですよ。結局ずっとボランティアですよ。
だから、適当にやっといたらいいんですよ」

だって。

この言葉ちょっと気になる。じゃあどうしたら。。

この仕事、改装は必ずあるから、わたしは必ず仕事になると
思ってる。だから、がんばる。

プレゼンは、
コンセプト、ゾーンニング、プラン、マテリアル、イメージボード、パース、空間イメージ、パソコンも持参で、簡単な3Dつくって空間を体感できるよう、ウォークスルーできるようにもしてみた。

一番時間がかかったのが、平面プラン。かいあって、お客さんも、作業効率的にもデザイン的にもいいといってもらった。しかし平面で5日くらいかけてるわたしはいかん。わたしはやはり右脳派だな。それ以降は1日で完成。

個人的にはこのプレゼンのために、上海の施工のこと、材料のこと。費用のこと、仕事の進め方などを勉強したこと。
次のステップへ進んで、施工や材料を実際に見てもっと勉強したい。

とりあえず。
これは、紹介してくれた人が会社として、わたしを使って改装事業をやっていきたいから、宣伝に使う。と言ってくれた。

ひとつひとつ。







COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.05.19 *Sat

上海の日本人争い

今行ってる会社の仕事をしていると、突然フリーの仕事がやってきました。それもどうなるかよくわからない仕事ですが、
今の会社で言われたことは、
フリーの仕事を平行するだけの能力はわたしにはないから、
会社で全部うける。でもそれによる手当てなし。
でも正直不当だと思い、この仕事は個人でうけることにしました。

今の会社は非常に優秀な日本人社員がいるのですが、
会社としての日本人の定着率が悪く、(中国人もそうだが)
次が育たないのだ。とききました。

でも、わたしは、日本採用の社員が優遇されている中、
現地採用の者に対する条件が悪い上に、
会社のために働くことを強要するから定着しないのだと思います。

こちらで働いている現地採用の日本人も、
中国人と同様、会社のために働く人はいなくて、自分のために働いて
いる人ばかりだから、自分のためになる仕事だからこそ、
多少条件が悪くてもがんばって働いているんです。
それなのに、会社として個人のわずかな利益や築きあげた関係までも
吸収していこうだなんて、甘すぎると思います。

でも、こんな日本人は非常に多いです。
上海では、日本からきている中小企業の日本人の間では、
日本人同志でも気を許さず最新の注意を払いながら仕事をしています。
いわゆるなわばり争いのようなものです。

逆に、現地採用の人同志では、仲間同士の交流や助け合いの絆が
強く、いい関係をつくりあげていっています。

こう書いていても前者と後者であいまじることはないと思います。
私は純粋に自分のやりたい仕事ができたらと思うだけです。
だって、ここは上海なんだもの。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.05.14 *Mon

選択と判断力

今の職場での仕事はいろいろなことを覚える日々ですが、
精神的ストレスは想像以上です。
彼には2つプロジェクトをこなしてくれといわれたけれど、
全くこなせず、これに業を煮やした彼は、2徹して
わたしのできなかったプロジェクトを完成。
自己嫌悪の中も、とりあえず1つはこなす。

デザインには検証がつき物。検証なしに、なにも語れない。

プロはお客さんからお金をもらってデザインしているのだから、
お客さんの主張をそのまま鵜呑みにしてはいけない。
こちらの主張をとおすべきだ。

などなど彼語録は毎日続きます。

また彼のパソコンソフトの使いこなすスピードや知識も半端じゃなく
今までの私ができますなんてとってもいえないと思いました。

彼から学ぶものはとても多いけれど、こんな中新しい仕事がやってきた。彼からは、副業はわたしの性格的にあわないからやめてくれ。
こっちの仕事に専念してくれといわれたがそれは、会社としては
当たり前にいうことだ。これはわたしだけの仕事。
だからやっていきたい。。

わたしの体と心を強くもたなきゃ。
日本じゃ絶対考えられないような仕事を与えてくれる上海って
すごい。絶対こなすんだから。

でもりんのんのことも忘れてないよ。


COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。