--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2010.09.01 *Wed

お引っ越し

中国サイトからアクセスができなくなったので、
こちらに移転しました。

http://blog.livedoor.jp/rinon512/

3月から更新できていませんでしたが、
日本に一時帰国してやっと移行できました。

ブログの読者さんが多くなっていて、ちょっとこわかったのもあったので、
8月まではほぼ、mixi更新していました。

mixiともわけてぼちぼち更新していきます。
ではよろしく。
スポンサーサイト
CATEGORY : その他
THEME : 中国 / GENRE : 海外情報
DATE : 2010/09/01 (水) 07:15:46
COMMENT : 8  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2010.03.26 *Fri

SUIRENのバーのいす

SUIRENバーの椅子をつくって納入しました。
今回はほんとにいつも仕事を依頼していただくので
ほんの少しの報酬でつくりました。

つくった椅子をみた、落城広場のほかのお店の方が
同じ椅子をつくりたいと、連絡をいただいたのですが、
SUIRENのJHONさんだからこそ
お安くさせてもらったのに、

この金額で他の人もとなると、人工不足。
わたしは、家具やさんではないわけで、
家具や紹介するので直接つくってくださいと
いいましたが、はりじや木の色など提案してほしいといわれ、
店の雰囲気もみずには決められないと
いいましたが、とりあえずいいんですと。

仕事をもらってもあんまりうれしくないお仕事で
金額を甘くすることはよろしくないと反省しました。


COMMENT : 0  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2010.03.26 *Fri

外観パース

南京西路の陣屋さんの図面かきがおわって、
あとは、材料やその他いろいろなものを決めて現場へ
呼ばれたらいくという段階になりました。

今は、あるシルバーリゾートの外観パースをつくる仕事をしています。
といっても、わたしは3DMAXはつかえませんので、
CG会社へいって、作る人の横について、こう作ってほしいと指導します。

こんな作り方は他の会社ではやらないようですが、
ディテールにこだわるので、うちの事務所ではつきっきりでつくります。
クライアントが調査した結果
大衆にうける建物の外観は、アールデコ調なごてごてした外装らしく、
こういうものは、モダンですっきりなデザインであるわが事務所で
作る人がいない作ってはいけないともいわれたが。。。
今わたしがつくることになりました。

やや装飾華美な、外装をつくってます。
飾り窓、ドーマー、フレンチドア、アーチの門などなど。

最初の別荘外観をつくったときは、
老板は、わたしは評価できません。や、みたときぎょっとしたといわれたが、
何ヶ月も何度もやりなおしてだめだしだったクライアントが
なんと一発OKでした。

クライアントの求めるデザインと、事務所で設計者がつくるデザインが
相反してるのです。
設計者としては、大衆にうけるデザインはつくるべきではないと提案しているわけで。。
こういう場合はどこにおとしどころをもってくるのでしょうか。

とにかく私は、事務所で誰もつくれない(作りたくない)といわれている
外観パースをつくってます。わたしはクラシックな建物も装飾華美なものも好きですから
苦になりませんが。
COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.03.26 *Fri

あたらな仕事

新しい仕事をいただきました。
6月までこちらの仕事に注ぎたいと思います。
B3のお仕事の二の舞にならないよう、
パートナーもみつけて、仕事も分担しました。
お客さんの要望のこたえられるよう
がんばります。
やはり今回も一番の課題は
現場管理です。

ここをどうやって少ない時間で
いいものをつくるように現場をみるか。
いつもいつもの課題です。

COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.03.16 *Tue

BAR1周年記念です

数々のBARがある中、
わたしの勤める事務所の1FのBARは、ブログでも登場しないし
誰からも噂をききません。
とくに若い人は全くといっていいほど。。。

でも宣伝します。

竹仙亭 自忠路365号(近馬当路)

OPEN1周年18日までビール無料、ボトル半額。
となっております。
よろしければおこしになってください。
2Fで仕事してるわたしもお相手します。ご連絡くださいな。

わたし個人は、以前デザインさせていただいた、
SUIRENのように気軽なカジュアルなBARの方が
建築家の設計したBARよりずっと
大衆的で楽しい空間と思うのですが、

しかし、この事務所の人にはそういうことは通用しません。。。
この扉の枠がなぜ18mmかの理由がなければ
つくってはならないのですから。。うう固い。
その固さゆえ、上海で仕事が多く舞い込んでくるのですから、これが
日本人建築家としてのほこりなのかもしれません。

SUIRENといえば、壊れかけていた椅子新調しました。
以前より色こくなったけど、いい感じですよ。もうぐらぐらしません。
みなさんまた座りにきてください。

大衆とデザイン。これは相反するものなのか、どうなのか
最近考えさせられます。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

りのん

Author:りのん
夫は日本、私は上海。ただいま別居生活中。いつかは上海で一緒に住む夢をもちながら、夫時々上海へやってくる日々。
双子の子供は上海の中国の学校で中国語と英語勉強中。
私は室内デザインの仕事で苦労する日々。
そんな上海の子育てと仕事の日々を綴っています。













FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索







Copyright © Retro Modern Shanghai 上海風 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。